栄養指導、栄養サポートの依頼がなかなか入らないことが悩み

総合病院では様々な科の医師がいて、それぞれの医師の考え方も様々。栄養士や栄養指導、栄養サポートについて前向きな考え方を持っている医師もいれば、そうでない医師も。
栄養指導や栄養サポート介入のオーダーが入らないことも多々ありました。
時として、オーダー依頼をしても「必要ない」の一言で片づけられることも少なくありませんでした。
栄養指導、栄養サポート介入の目標件数が勤めていた病院で定められていたにも関わらず件数アップにつながらないこと、また栄養士として栄養指導や栄養サポートが必要だと感じるケースに介入できないこと、医師にオーダー依頼もし辛いことが多く、実績が挙げられず悩む場面が多々ありました。

システムの構築よりも大切なこと
栄養士が直接医師に栄養指導や栄養サポートの介入の依頼をすることを嫌がられる場合があり、難しいことが多かったです。
栄養指導の件数や栄養管理の件数と診療報酬の点数を計数会議等で示すこと、栄養指導や栄養管理を行うことでの患者の変化を数値化、グラフ化し明確にすることで必要性やメリットを説くようにしました。
また、入院時に治療食のオーダーのあった患者は栄養指導や栄養管理がルーチンでオーダーされるよう、給食委員会やクリティカルパス委員会、システム委員会でシステムに組み込むように流れを構築しました。
オーダリングシステムや電子カルテではオーダリングメールや掲示板システムがあるので、直接医師と顔を合わせてやり取りしなくて済むこともあり、オーダー依頼をしやすいところもあったので存分に活用しました。
栄養士に好意的な医師や看護部長を巻き込み、栄養指導や栄養サポートをシステム化できるよう根回しも行っていました。
仕事外で各科の医師と栄養部門との食事会など交流会も企画するようにしました。
栄養指導や栄養サポートのオーダーに限りませんが、全ての業務に於いて新たに導入すること、流れを変える際は根回し、システム化、そして何よりコミュニケーションを築くこと。ここをきちんと行うことが第一歩になると痛感しました。
コミュニケーションスキルは患者と築ければ良いのではなく、医師始め各部門、職種と築いていけるようにすることが円滑な業務遂行に繋がると感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です