使わなくなったランドセルのリサイクル法とは

必要なくなったランドセルの使い道

ランドセルが喜ぶように

6年間の思い出が詰まっているので、そう簡単に捨てることができないかもしれませんね。
ですが、ずっと押し入れの中にしまっていてもランドセルがホコリを被るだけです。
ランドセルは大きいので、押し入れの中も窮屈になるでしょう。
ずっとしまっておくよりだったら、誰かに譲るのがおすすめです。
知り合いに、ランドセルを求めている人がいないか尋ねて聞いてください。

子供に使ってもらった方が、ランドセルだって喜びます。
毎日使う物なので、子供は大事に扱ってくれるでしょう。
そのようにランドセルを必要としている人は、いつの時代も存在します。
使わなくなったからと、すぐに捨てるのはもったいないです。
再利用できるので、譲る相手を見つけてください。

団体に寄付しても良い

身近にランドセルを欲しがっている子供がいなければ、寄付してください。
世の中にはたくさん、子供のために活動している団体があります。
その団体に寄付することで、ランドセルを購入できない子どもに譲れます。
社会貢献になるので、使わないランドセルは寄付しても良いですね。
ランドセルを処分する際は、粗大ゴミ扱いになるので3000円から4000円ほどの料金が発生します。

そんなに高い金額を支払うよりだったら、寄付した方が良いと思います。
それなら、出費は発生しません。
絶対に、その辺の空き地や山奥にポイ捨てすることはしないでください。
これまでずっと使ってきたランドセルを、そのように簡単に捨てるのはかわいそうです。
団体の情報を、詳しく知りましょう。


この記事をシェアする